Chieko

楽しいこと何でもしたい!

自分が楽しいのが一番。

動物達としあわせに暮らせる世界が好き!

はじめまして。Chieko です。数年前からニュージーランドに在住しています。こちらの人口は440万人。よくジョークで人間の数より羊の数の方が多いと言われますが、最近は、牛の数のほうが多いかもです(^ ^) どちらにしてものんびりとした緑豊かな国です。


ニュージーランドへの移住はちょっと不思議な体験で、家族で(夫と息子がいます)移住すると決めた日から5週間後には、日本を飛び立ってここNZの地に舞い降りていました。移住のための準備をすることになったその5週間は、何もかもが順調で、「追い風すぎて前に倒されちゃうかも」と笑いたくなるほどでした。実際のところ夫はその期間、まだ会社で働いていましたので船便の大きな荷造りをするのは私1人の仕事。爪はボロボロ、頭はもうろう、夜寝ると夢の中でまで荷造りをしている有様でした(こちらの方が今となっては笑えます)。


さて私がヒーリングを始めたのは、出産後2ヶ月の時、全身に激痛を起こす線維筋痛症を発症したのがきっかけでした。その当時は、この病名さえも広まっていなかったので、病院を転々として歩きましたが良くならず。そんな時、ヒーラー達に巡り会うようになったのです。そしこうしているうちに彼らによって私の中にヒーリングの才能を見出していただき、自らがヒーラーとなりました。


そんなある日のことでした。短い瞑想をしていると、広げていた手のひらに少しひんやりとした重みを感じたのです。直感的にそれが純粋な金でできた小さな棒で、天使達が運んでくれたヒーリングツールだと分かりました。それをきっかけに、私はヒーリングを仕事として始めることにしました。


物心ついたときから、私はいわゆる人の気持ちや考えていることがなんとなく分ってしまう子供でした。これはこれで本当に大変なことで20代までかなり私自身に混乱を招きました。ヒーラーになったのは病気だけが原因ではなく、自分のこんな性格との葛藤や、家族の問題(普通の体裁を装った、まったく普通な感じがする、とても異常な家族でした。一言ではいい表せませんが(^_^;))などが深く私の心の中に影響していたからだと思います。


ヒーラーになってほぼ15年が経ちます。これまで大人になっても潜在的に深く思考や行動、そして何よりも感情に影響を及ぼす幼少期のトラウマや、誰もが多かれ少なかれ生まれる時に体験するバーストラウマの解放を中心に仕事をしてきました。その中で私自身が体験したことは、トラウマが解放されていくと皆様の表情が明るくなり、人生のギシギシとした生きづらさのようなものがなくなって、いつの間にか幸せになっているということでした。こういうとき私は、「この方は人生のラッキーオービットに乗ったのだなぁ」と感じるようになりました。


最近、私は2ヶ月程、仕事を休業しました。これまでの自分の仕事のやり方や姿勢を見つめ直したかったからです。そして、今の私に出来ることは、私が体験してきたこれらすべてのことを、エネルギーワークやセッション、カウンセリングやお話しを通して、皆様にお伝えし体験していただくことだと確信しました。でも、ひとつだけ以前とは違ったことがあります。それは『誰かのためではなく、自分の楽しみのためにすること』。これは仕事に限らず、プライベートも人生そのものも全部です。だからもう頑張りません。誰かの責任を取ろうなんて考えません。私は私。私、最優先で生きていくことに決めました。この想いは、休業中に天からいただいた素晴らしいプレゼントだと感じています。


自分のエネルギーの上昇に伴い、皆様の変容も以前よりは速やかに促すことができるようになってきたと感じています。まずは私に会いに来てくださった方々の喜びと幸せを祈ります。そしてそれがもっともっと大きな広がりとなって、大人も子供も赤ちゃんも、みんな幸せ。そして幸せになったみんなが動物たちとも優しい関係を築いていく世界。そんな世界の実現に向けて今日も1日お陰様で楽しく過ごします!